Environment 環境・地域貢献

貧困・フードロスなど
社会課題や地域の課題の解決に
貢献できる企業でありたい

地域密着を目指すワイズマートでは、
出店している自治体14市区に福祉政策の一環として寄付金を収めています。
さらに昨今の格差や貧困、気候変動などの社会問題に、
一企業としていかに向き合うか議論を重ねてきました。
私たちは「食」を通じて地域の「安全・安心」に貢献していきます。

ワイズマートの環境・地域貢献メニュー


01 子育て応援サービス

お子さんの成長を見守るスーパーとして、ワイズマートでは子育て支援を促進しています。
ワイズカードと母子(父子)手帳の登録から4年間の間、ほとんどの取扱商品(酒・タバコ・専売品を除く)に対し、お買い上げ金額から5%オフでご提供します。

※登録申請時に0歳~2歳0ヶ月までのお子様が対象となります


02 食育活動

食育活動を通して、私たち自身も「食品の素材や言われ」について学び啓蒙を行っています。
2020年から2023年の間、新型コロナウィルスの影響を考慮し休止を余儀なくされていましたが、徐々に一部の活動から食育関連のイベントも再開しました。

過去に実施してきたメニュー

  • 食育セミナー
  • ワインセミナー
  • 親子料理教室
  • はじめてのおつかい体験
  • 野菜の収穫体験
  • バスツアー
  • 食品工場見学
  • リサイクル再生工場見学(2024年7月予定)
  • など…

今後さらに、多彩なイベントを地域の皆さんと計画していきたいと思います。


03 セミナーの開催

地域の皆さんとつながるきっかけとなる「お客様イベント」を、2023年7月より再開しました。

ワインセミナー/日本酒セミナー/焼酎セミナー/モルトセミナー/紅茶セミナー/日本茶セミナー/コーヒーセミナー/スパイスセミナー/チーズセミナー/カレーセミナー/オリーブオイルセミナー/料理酒セミナー/ゆかりセミナー など
お客様イベントのご紹介

04 フードロス対策

生鮮部門の廃棄率が少ない状態とは、お客様が必要な時に、必要な商品がほしい状態で入手できている状態と考えています。
これを実現するための具体策として、例えば、9時に製造したお弁当は14時には1割引き、11時に製造したお弁当は16時に1割引きをし、その時点で9時に製造したものにも3割引きを適用するなど製造時間別に五月雨式で値引きを行っています。こうした取り組みにより、夕方以降の値引き削減、廃棄ロス削減に取り組んでおります。


05 資材の見直しとリサイクル促進による環境配慮

包装資材を塩ビラップからポリに変更

ワイズマートでは、食品の包装で使うラップを、順次「塩ビ」素材から「ポリ」素材に切り替えています。これにより、お客様が家庭で廃棄するラップの量を削減するだけでなく、副資材(紙管や箱)を含めたワイズマートの店内で発生するゴミの総量を削減することができます。(2008年12月から2009年11月までの1年間で、ラップを5.5t、副資材を321kgの削減が実施されました)

レジ袋の削減

ワイズマートでは、レジ袋の薄肉化など、限りある資源の削減を推進しております。

リサイクル資源の回収ボックスの設置
  • お客様

    発泡スチロールトレーを分別し、水洗いをして頂きます。
    透明容器の回収方法はこちら

  • ワイズマート

    お店に回収BOXを設置し、お客様からお持ち頂いたトレーを回収致します。

    ※一部店舗では、トレー回収を実施しておりません。

  • 包材問屋

    ワイズマートにトレーを納品した帰り便を利用して使用済トレ-を、一時保管して頂きます。

  • 食品容器メーカー

    トレーを配送した帰り便で、使用済トレーを回収し、リサイクルをします。

このように、皆様のご協力があってリサイクルが達成されます。年々回収量が増えています。お客様の環境への意識や関心の高まりがうかがえます。

エコトレーの採用
(ワイズマート全体でCO2を150t削減)

リサイクルトレーは、1991年に簡易食品容器として初めて(財)日本環境協会より「エコマーク」商品として認定され、2000年には「エコトレー」として商標登録されました。

エコトレーは、回収されたトレーを原料であるペレットに戻し、再生原料とします。この再生原料は食品衛生法にも適合しております。さらに、「エコトレー」を新しいトレーに生まれ変わらせる「資源循環型システム」を採用しており、地球にも環境にも優しいトレーとなります。

資源循環型システムの詳細


06 補助犬の同伴可と一部店舗での「盲導犬募金箱」設置

ワイズマートでは、補助犬同伴でのお買い物が可能です。
補助犬は、目や耳、手足に障害のある方をサポートする「盲導犬」「介助犬」「聴導犬」のことを言います。障がいのある方が自立と社会参加するための大切なパートナーです。

身体障害者補助犬法に基づき、必要な訓練を受けています。
また、ユーザーは補助金の衛生・行動管理をしっかり行っているので、社会のマナーを守り清潔にしています。

また、一部店舗では、「盲導犬募金箱」を設置しております。
皆様からの募金が、盲導犬育成のための大切な資源となります。皆様の温かいご協力をもとに募金活動を継続しています。


07 障がい者雇用

笑顔いっぱい!フレンドリーオフィス 笑顔いっぱい!フレンドリーオフィス 千葉県障害者雇用優良事業所

ワイズマートはハンディキャップを持った人の積極的な採用と雇用維持に取り組む会社として、2008年10月25日千葉県庁より

「笑顔いっぱいフレンドリーオフィス」として認定されました。

2017年09月05日に、障害者雇用優良事業所表彰にて理事長賞を受賞し、2020年9月15日には、厚生労働大臣表彰障害者雇用優良事業所として表彰致しました。
障がい者雇用の場を積極的に設け促進して参ります。


08 高齢者雇用

ワイズマートは高齢者の積極的な採用と雇用維持にも取り組んでおります。
2018年10月03日 高齢者雇用開発コンテストにて、定年年齢の延長(80歳まで)、継続雇用年齢の引き上げに成功した点を評価頂き「理事長表彰優秀賞」を受賞致しました。また、65歳を過ぎても能力に応じた給与制度を設け、いつまでも働いて頂ける環境を促進しております。


09 従業員の健康促進

業界内では圧倒的に小規模なワイズマートが生き残ってこれたのはすべての社員の努力があったからです。

そんな社員に少しでも快適な環境で、気持ちよく働いてもらいたいという思いは全経営陣が共通して持っています。当社では業界に先駆けて年間休日120日を実現。

さらに健康診断100%受診や健康教室の実施などで「健康優良企業」にも認定されました。すべての社員に安心して働いていただくために、私たちはこれからも職場環境の整備に力を入れていきます。

日本経営品質賞を受賞
「日本経営品質賞」とは、日本の企業・組織への経営品質向上の考え方と活動を普及・推進することを目的に1995年に創設されました。一定基準以上の評価に加え、顧客価値経営を目指す他の組織に対する範としてふさわしく、良質のモデルケースとして認められることが受賞条件です。ワイズマートでは、2022年度の日本経営品質推進賞を受賞しています。

10 その他

上記以外にも、様々な事象に現在取り組んでいます。

・貧困対策として「子ども食堂」の設置や運営について自治体と協議する
・クリーン活動の応援
募金活動(令和6年 能登半島地震 義援ポイントのご報告)
千葉県と地域貢献に関する包括協定(平成20年11月12日)

ワイズマートの最新情報をお届け!
ワイズアプリでお得な情報をお届け!
  • iPhone
  • Android

私たちは、地域に根付く駅や自宅の最寄りにあるスーパーとして、あなたのお食事(朝食・昼食・夕食)の献立をサポートしたり、ふらっと気軽に立ち寄れるお弁当・お惣菜を、いつでも納得の価格でご提供しています。いざというときに頼れる、安⼼・信頼できる「おうちの冷蔵庫」のような存在を目指しています。

お惣菜をはじめ「美味しい」と思っていただける温かくて美味しい商品の数々をご用意して、あなたの帰りをお待ちしています。

⼩さいながらも他店より好き。帰宅前についふらっと寄りたくなる、台所スペース。それが、ワイズマートの「原点」です。